つまりの対処法

トイレのつまりはできれば業者にお願いしたくないものです。やはりつまりという現象が起こるのは、トイレを使った後のこと。つまり汚物や汚水がそのままの状態です。できれば自分で対処したいところではないでしょうか。もちろんそれも無理をすると溢れてしまうので、注意しながら駄目であれば業者にお願いしましょう。24時間水回り専門業者ならいつでもお願いできるので、無理をせずに依頼をすることを考えるべきでしょう。しかしそんな中、自分でできる対処方も知っておくことが大切です。一番はラバーカップを用意しておくことです。しかしもしラバーカップもなく、夜中に起こったときにはどうしたらいいのか。

1つは掃除などに使うために使う重曹を利用しましょう。まずやかんでお湯を沸かします。温度は大体50度程度がおすすめ。熱湯は逆効果になるので注意しましょう。トイレにつまった物を柔らかくし溶かしていくという方法です。お湯をやかんに一杯。重曹は大さじ3~5程度たっぷりいれます。そこにお酢を重曹と同量程度入れると泡が立ちます。つまりこのお酢と重曹が汚物を溶かしてくれるのです。

それをトイレの排水の穴の真上1メートルぐらい離れたところから流し入れていきます。やかんからじかに穴に向かって入れていくだけ。30分ほどまったら水を流してみるという方法です。ただしこのときにやはり溶けが悪く溢れてしまうこともあります。すでに便器半分ほど水が上がっている場合は業者に頼った方がいいかも知れません。

トイレのトラブル

水回りのトラブルの中でもトイレのトラブルは特に多いと言えそうです。そこでまずつまりについてのトラブルについて考えてみましょう。トイレはトラブルが起こってしまうと使えなくなってしまいます。しかしわたしたちトイレを我慢するのも限界があるので、とにかく早く治して欲しいものです。それまでなんとか公園のトイレやコンビニのトイレ、マンションならエントランスのトイレ、隣人の家のトイレなどを利用するしかありません。まして夜中だったら大事です。そんなときに24時間水回り専門業者は心強い味方になってくれるのではないでしょうか。

便器がつまってしまうと水が流れなくなります。そのため汚水が溢れてしまうことも。また便器の奧からいつも悪臭がすることもあります。このようなときはまず自分でできることはやってみましょう。例えばつまってしまった場合は、すっぽんとも呼ばれるラバーカップを使います。これは1つ準備しておくべきかも知れません。簡単なつまりなら、すっぽんすっぽんとやるだけで改善することも。やはり汚物、汚水などが流れないので、業者にも見られたくないのが本音。ラバーカップでやってみて、その上でやっぱり直らなければ専門業者にお願いしましょう。

水回りのトラブル

水回りのトラブルは生活に直結するので、起こってしまうと大騒ぎになってしまうことも。そしてこのトラブルの多くは突然やってくるということもあり、24時間いつ起こるか分かりません。そのため起こってしまってから焦る人がほとんど。そんな水回りのトラブルにも自分で対処できることとできないことがあります。とにかく自分で応急処置をして、すぐに来てくれる業者を呼ぶということになります。

しかし業者ってどこに連絡すればいいのか。夜などに起こったときにはどうしたらいいのか。そんなときに頼りになるのが24時間営業の水回り専門業者です。特に水漏れ、つまり、修理部品など多くのことに対応してくれるので安心です。トイレのトラブルというとタンクから水漏れや、水が流れない、つまってしまった、便座がガタガタなどいろいろあります。洗面所のトラブルには蛇口から水が漏れた、水が吹き出した、排水がうまく流れない、逆流してきた、蛇口がグラグラしているなど。

キッチンのトラブルと言えば蛇口からの水漏れ、水の吹き出し、流しの水が流れない、吹き出してくるなど。そして蛇口がぐらぐら、赤いサビが出るなどさまざまです。そして浴室のトラブルには蛇口から水がたれたり、浴槽の排水がなかなか流れにくくなっている。浴槽自体のヒビなどの損傷も対応してくれます。緊急な事の多い水回りのトラブルですが、24時間救急隊が来てくれるので安心です。それなのに価格は安いというのも嬉しいところです。